沈黙の時間を打破する無駄話のやり方

特に会話が苦手な人は「沈黙の時間」は嫌なものです。意識すればするほど会話が続かないものですが、上手に無駄話を活用するのが有効です。



サイトトップ > どうして会話が続かないのか?

スポンサードリンク

沈黙の時間を打破する無駄話のやり方

どうして会話が続かないのか?


会話が苦手だと言うような人はかなりいると思います。そしてそれは、仕事での業務会話ではなく、得てして雑談や無駄話となる会話のことかもしれません。どうしてこうした会話が続かないのでしょうか?その原因について考えてみましょう。


基本的に会話がなかなか続かないという人の場合は、案外いつでも話がついつい自分主体の内容に向いてしまっていることが原因としては多いようです。これを基本として念頭に置き、この後から採り上げる事例があなたに当てはまるとしたら、そこを意識して改善していくようにしましょう。


「自分主体の会話」、その際の相手の状態をちょっと思い出してみてください。会話が途切れる理由は確かにそうかも、と思い当たる何かがありませんか?会話は相手がいなければ成立しないという基本中の基本を見失っているのかもしれません。会話をする相手がいることに感謝しつつ、あなたが相手を気分よく話せるようにしてあげたら、状況はかなり一変してくると思います。


とにかく相手主体で会話を運んでみてください。それが初対面の人だったとしても、「会話が続かない」という事態には陥りにくいと思います。


同性なら会話ができても、相手が異性になると、とたんに会話が続かなくなってしまう人も結構います。合コンやお見合いパーティのような場では、それが大変な悩みになってしまうのかもしれませんが、案外、単純な経験不足かもしれません。


そんな場合でも「相手主体」の会話を実践しましょう。それが活路を開くはずです。実は楽しい時間を過ごせる無駄話は、けっして無駄ではないのです。「雑談」といわれる分野は、全部「無駄話」かもしれませんよね。


沈黙の時間を打破する無駄話のやり方


アクセスカウンター アクセスカウンター